ハンノキカミキリ

Cagosima sanguinolenta Thomson

体長|15~22ミリ

時期|5~7月

レア度|★★★★☆

RDBカテゴリー|なし

環境|森林・林縁・河畔林

分布|北海道・本州・四国・九州・伊豆大島・新島

1.ハンノキの幼木にいた個体 2008.06 山梨県

2. 2008.06 山梨県

3. 2008.06 山梨県

4.ハンノキ樹幹に産卵加工する♀ 2006.06 福島県

平地~山地に生息し、ハンノキ類・ヤシャブシ類・シラカンバ等の生木に集まり、枝や葉脈を後食する。産卵はそれらの樹幹に行われ、この時に縦長の特徴的な産卵痕を残すので、本種を探す手掛かりとなる。比較的若い木を好み、高さが2メートルにも満たないような幼木にいる事もある。夕方、ハンノキ周辺を活発に飛翔し、灯りに飛来する事もある。造成地などに若いハンノキ林が形成されているような場所で大発生している事がある。