キマダラミヤマカミキリ(キマダラカミキリ・キマダラヤマカミキリ)

Aeolesthes chrysothrix (Bates)

体長|15~35ミリ

時期|4~8月

レア度|★★★☆☆

RDBカテゴリー|なし

環境|森林・林縁・社寺林・緑地・公園

分布|本州・伊豆諸島・飛島・佐渡・隠岐・淡路島・宮島・四国・九州・対馬・壱岐・平戸島・五島列島・屋久島・口永良部島・奄美諸島・沖縄諸島

1. 2011.06 神奈川県

2. 2011.06 神奈川県

3. 2011.06 神奈川県

4. 2011.06 神奈川県

5. 2011.06 神奈川県

6. 2011.06 神奈川県

全身が金色に輝く微毛に覆われた美しい小型のミヤマカミキリ。暖地性の種で、平地~丘陵地で普通に見られ、都市部の公園や社寺林に生息している事もある。夜間、クヌギ・コナラ・アラカシ等の樹液に集まるほか、これらの衰弱木や伐採木にも集まり、交尾・産卵する。また、春季は日中にも活動し、ガマズミ・ミズキ・クリ・スダジイ・アカメガシワ・リョウブ等の花に来る事もある。夜間、灯りにも飛来する。樹液や衰弱木では単独か1ペアでいる事が多く、さながら良い虫の佇まいで、撮影意欲も湧き上がるのだが、伐採木には複数匹が集まっている事も多々あり、それを見ると少し有難みが薄れてしまう。しかし、実際とても良いカミキリムシだと思う。