オオアオカミキリ

Chloridolum thaliodes Bates

体長|22~32ミリ

時期|7~9月

レア度|★★★★☆

RDBカテゴリー|なし

環境|森林・林縁・土場

分布|北海道・本州・四国・九州・隠岐・対馬

1. 2009.08 長野県

2. 2009.08 長野県

3. 2009.08 長野県

4. 2009.08 長野県

5. 2009.08 長野県

6. 2009.08 長野県

7. 2009.08 長野県

金緑~青色の体に紺青色の脚と触覚をもつ大型で美しいカミキリムシ。日中、オニグルミ・サワグルミ等の新しい伐採木や倒木・衰弱木に集まり、交尾・産卵するほか、ノリウツギ・リョウブ・カラスザンショウ・イタドリ等の花にも集まる。特に夕方活発に活動する。生息地はやや限られるものの、生息地での個体数は多く、条件の良い材さえあれば、大抵、複数個体が集まっている。警戒心はかなり高く、本種が集まっている材に、不用意に近づこうものなら、次々に飛び立ってしまい、あっという間にいなくなってしまう。