サビカミキリ(ムナクボカミキリ)

Arhopalus coreanus (Sharp)

体長|10~27.5ミリ

時期|6~9月

レア度|★★★☆☆

RDBカテゴリー|なし

環境|森林・土場

分布|北海道・本州・四国・九州・伊豆諸島(大島・新島・神津島・三宅島)・飛島・佐渡・対馬・五島列島(若松島)・小笠原諸島(母島)

1. 2009.08 山梨県

夜間、マツ科などの各種針葉樹の衰弱木や立枯れ、伐採木などに集まり、樹幹を歩き回って交尾・産卵する。日中は針葉樹の樹皮下などに潜んでいる。夜間、灯りにも飛来する。よく似た種にシナノサビカミキリがいる。