ヒメキベリアオゴミムシ

Chlaenius inops Chaudoir

体長|10.3~11ミリ

時期|-

レア度|★☆☆☆☆

RDBカテゴリー|なし

環境|湿地・池沼・河川敷・田圃

分布|日本全土

1. 2009.02 千葉県

2. 2009.02 千葉県

湿地でふつうに見られる小型のアオゴミムシ。関東平野ではコキベリアオゴミムシと共に田んぼ周りで最も普通に見られるお馴染みのゴミムシの1つで個体数も多い。主に夜間に地表を歩き回るが、日中から活動している事もある。コキベリアオゴミムシよりも早い時期から活動し、4月初旬には繁殖活動が見られる。冬期は土中などで越冬する。