ヤマムツボシタマムシ

Chrysobothris igai Y.Kurosawa

体長|9~13ミリ

時期|6~8月

レア度|★★★☆☆

RDBカテゴリー|なし

環境|森林・土場

分布|本州・四国・九州

1. 2011.07 福島県

2. 2011.07 福島県

3. 2011.07 福島県

4. 2010.07 長野県

5. 2010.07 長野県

平地~山地に生息するが、平地では稀。山地では普通に見られ、モミ・アカマツ・カラマツ等、各種針葉樹の伐採木や倒木に集まり、複数個体が集まっている事も珍しくない。ムツボシタマムシの仲間は警戒心が高く、すぐに飛んで逃げてしまうものが多いが、本種は比較的警戒心が低く、逃げる時もあまり飛ばずに材上を歩き回るばかりである事が多い。腹部背板は鮮やかなブルーメタリックをしており、産卵の際にそれを垣間見る事が出来る(画像3)。