ルリボシカミキリ

Rosalia batesi Harold

体長|16~30ミリ

時期|6~9月

レア度|★★★☆☆

RDBカテゴリー|なし

環境|森林・土場

分布|北海道・本州・四国・九州・屋久島

1. 2011.08 栃木県

2. 2007.08 群馬県

3. 2007.08 群馬県

4. 2007.08 群馬県

5. 2007.08 群馬県

6. 2007.08 群馬県

日本を代表する美しいカミキリムシの1つ。平地~山地に生息し、ブナ類・カエデ類・クルミ類・ナラ類・ヤナギ類など、各種広葉樹の立枯れや倒木、伐採木などに集まるほか、クヌギやネムノキ等の樹液に来る事もある。近年は平地の雑木林などでもふつうに見られるが、かつては山地のブナ林を主な生息場所としていた種らしい。とにかく美しく、サイズもなかなか大きい魅力あふれるカミキリムシで、初遭遇時はかなり感動する。本種の美しさに魅了されて昆虫やカミキリムシにハマってしまう人も多い。