セミスジコブヒゲカミキリ

Rhodopina lewisii (Bates)

体長|10~20ミリ

時期|5~9月

レア度|★★★☆☆

RDBカテゴリー|なし

環境|森林・雑木林

分布|北海道・本州・四国・九州・佐渡・屋久島・種子島

1.クリの枯れ枝にとまる♀ 2007.06 神奈川県

2.クリの枯れ枝に生えた菌類を後食する♀(1と同個体の1時間後)

平地から山地に生息し、アカマツ・モミ・コナラ・クリ・ダンコウバイ・エゴノキ等の枯れ枝や細い立枯れに集まり、その樹皮を後食するが、特に枯れ枝や腐朽木に生えた菌類を好んで後食する。このため、菌類の生えている枯れ枝を重点的に探すと見つけやすい。オスの触覚第3節はこぶ状に膨らみ、和名の由来になっている。