ベニバハナカミキリ

Paranaspia anaspidoides (Bates)

体長|8~14ミリ

時期|5~8月

レア度|★★★★☆

RDBカテゴリー|なし

環境|森林・社寺林・公園

分布|北海道・本州・四国・九州・伊豆諸島(御蔵島)・冠島・対馬・屋久島

1.ケヤキの樹幹にとまる♂ 2007.06 神奈川県

2.ケヤキの樹幹にとまる♂ 2007.06 神奈川県

3. 2007.06 神奈川県

4. 2007.06 神奈川県

5. 2009.05 神奈川県

6. 2009.05 神奈川県

7. 2009.05 神奈川県

平地から山地に生息し、ケヤキ・カエデ・トチノキ等の広葉樹に出来た樹洞内で発生し、成虫も樹洞内やその周辺で見られる。花に来ることは少ないが、クリ・ガマズミなどの訪花例もあり、また、樹液や灯火に来ることもあるという。都市部の公園や緑地などでも、樹洞のある大木があれば生息していることがある。オスは樹洞近くの樹幹や周辺の植物上に陣取ってメスが現れるのを待っていたり、周辺をふわふわと飛翔する姿が見られる。